日々の生活を心豊かにするために、役立つ情報をお届けします。

  1. Economic Blog by Sato

#58 ヒポクラテスが今いたら…

毎月上旬にzoomで開催している「経済cafe&ber」のコーナーのひとつ「健康は投資の大前提」があります。

前回は医者とは何なのかという事について皆さんと考えてみました。

 

 

 

 

医者とは当然ですが、今でしたら医師免許取った人ということになります。じゃあ昔はどうだったんでしょう。

ここにヒポクラテスの誓いというのがありますので、その中の一部をご紹介します。

 

 

 

 

医の神アポローン、アスクレーピオス、ヒュギエイア、パナケイア、および全ての神々よ。私自身の能力と判断に従って、この誓約を守ることを誓う。

(これは医者になるためには神に誓約しないといけないということです。)

 

・この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。

(師匠の事を自分の親のように敬います。そして今度、自分が師匠になったら自分の財産を分け与えて、必要な時には助けます)

 

・師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。

(師匠に子供がいたら兄弟のように付き合って医学を学びたいと言えば報酬をいただかずにすべて教えなさい)

 

・自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し害と知る治療法を決して選択しない。

 

・依頼されても人を殺す薬を与えない。

 

・同様に婦人を流産させる道具を与えない。

(流産はあっても堕胎はいけない生命の倫理に基づいて人を殺す事は
やってはいけない)

 

生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。

(地位がほしい、名誉がほしい、お金がほしい、悪い事をしたとき逃げたい。これらは許されない、純粋と神聖を貫きなさい)

 

どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、不正を犯すことなく、医術を行う。

(医者の立場に立ったらどんな身分の人でも忠実にみなさい)

 

医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。

(個人情報をを安易に他人に漏らしてはならない)

そしてまとめてあります。

 

この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。

要は、「神にこれらを誓った人が医者になる。」と書いてあるんです。

 

 

 

 

 

 

これはヨーロッパですが、次回のzoomで中国などはどうだったのか見て参りましょう。

私達CACでは緑溢れる自然とその中で育まれた豊かな心を継承する日本に感謝しています。

次の世代を生きる人たちが日本人として誇りを持って明るく生きられるように、

社会、歴史、精神の再認識、

様々な分野への「投資活動」「レクリエーション」などを通じて

楽しみながら情報を交換しております。

もし何か行動したい…とか、何から始めてよいかわからない…など、
気になることはひとりで悩まずとりあえずCACへお知らせください。

よい提案が出来るかもしれません。

いつでもお待ちしております。

※ CACのメンバーさんには、今後みなさまにお役に立てるようなより踏み込んだ内容で情報配信をしていきます。

CAC連絡先

LINEへご連絡lin.ee/BOUYnLw

メールへご連絡:cac.join@gmail.com

 

Economic Blog by Satoの最近記事

  1. 貴方は貴方を待っている

  2. ネクタイ

  3. 夢中になれば…

  4. 視点のカラクリ

  5. 怪物に理屈はいらない

関連記事

最近の記事

  1. 星座

    2024.07.16

  2. 日本酒

    2024.07.16

  3. 打ち水

    2024.07.16

  4. 浴衣

    2024.07.16

  5. パプリカ

    2024.07.16

おすすめ特集記事

  1. 仮想通貨市場の「証券型トークン」とはなにか定義を理解してみよう
  2. 暗号通貨市場で取り上げられ始めているセキュリティートークンとは何か?
  3. Digital Asset Labブログの筆者紹介
  4. コネクトエイト社の代表の紹介

ピックアップ記事

  1. 金融

    仮想通貨市場の「証券型トークン」とはなにか定義を理解してみよ…
  2. 金融

    暗号通貨市場で取り上げられ始めているセキュリティートークンと…
  3. インタビュー

    Digital Asset Labブログの筆者紹介
  4. インタビュー

    コネクトエイト社の代表の紹介

お奨め情報サイト



PAGE TOP